身体領域2

身体領域2

1人で車いすに移れるようになったAさん

~床ずれを悪化させないように頑張っています~

所属:大浜第一病院 訪問リハビリセンターあめくの杜
氏名:山川 明日香

息子夫婦と同居中、日中は1人で過ごしているAさん。両足が麻痺しており、お尻の床ずれで入退院を繰り返していました。 訪問リハビリ介入後、プッシュアップ台を導入。その後、床ずれは治癒傾向、1人で車いすにも上手く移れるようになり、家事を行っています。


目標:ベッド⇔車いすに移れるようになる

条件:①1人で安全に移れること②立つことが出来ないので、 腕の力で安全に移れること③床ずれがひどくならないこと

条件を満たす方法として写真の移乗方法を提案。しかし移乗時にお尻が擦れ、床ずれが良くならなかったためプッシュアップ台を導入。導入後、腕の力が発揮でき、お尻の摩擦も軽減したため、プッシュアップ台の購入に至った。 業療法士が介入することで、利用者様それぞれに合った動作方法・道具を一緒に考えていきます!!

*Aさんから一言*
リハビリをしてから感動だらけ。車いすで自由に移動できるようになったので、食器洗いや花壇の水かけが行えるようになった。

地域包括ケアシステム推進委員会
【 ot_okinawa@yahoo.co.jp 】
TEL:098-988-3711
FAX:098-988-3712

ページの先頭に戻る