沿革

沿革

1965年 理学療法士法及び作業療法士法制定
1983年 日本作業療法士協会の地方組織として、沖縄県在住の7名の作業療法士を会員に沖縄県作業療法士会が発足。宜野湾市玉木病院にて発足会を行う初代会長 金城光政氏 就任
1985年 沖縄県リハビリテーション医療を生かす会を発展的に解消し、沖縄県のリハビリテーション医療技術の向上と職種間の交流を目的に第1回沖縄県リハビリテーション研究会を沖縄県理学療法士会と開催
1986年 沖縄県作業療法士会機関紙『OKINAWA』創刊第2回沖縄県リハビリテーション研究会 開催
1987年 第3回沖縄県リハビリテーション研究会 開催2代目会長 梁瀬誠氏 就任
1988年 第4回沖縄県リハビリテーション研究会 開催第1回沖縄県作業療法研究会 開催
1989年 第5回沖縄県リハビリテーション研究会 開催
1990年 日本作業療法士協会全国研修会 精神部門を沖縄県にて 開催第6回沖縄県リハビリテーション研究会 開催
1991年 第7回沖縄県リハビリテーション研究会 開催第2回沖縄県作業療法研究会 開催

会長 金城光政氏 就任

1992年 第8回沖縄県リハビリテーション研究会 開催第3回沖縄県作業療法研究会 開催
1993年 第9回沖縄県リハビリテーション研究会 開催第4回沖縄県作業療法研究会 開催
1994年 第10回沖縄県リハビリテーション研究会 開催
1995年 第11回沖縄県リハビリテーション研究会 開催
1996年 作業療法推進活動週間の活動 開始第12回沖縄県リハビリテーション研究会 開催
1997年 法人化取得に向けて推進事業開始 (趣意書の提出)第13回沖縄県リハビリテーション研究会 開催

研究会は今回をもって休会とし、独自の学会や研究会をスタートする

1998年 第5回沖縄県作業療法研究会 開催会員100名越す
1999年 第6回沖縄県作業療法研究会 開催
2000年 第7回沖縄県作業療法研究会 開催
2001年 第8回沖縄県作業療法研究会 開催
2002年 第1回沖縄県作業療法学会 開催 (学会長;新里順治)テーマ 『これからの作業療法』

会員200名越す

2003年 第2回沖縄県作業療法学会 開催 (学会長;久貝明人)テーマ 『沖縄県の作業療法・作業療法士の質を問う』

沖縄県より社団法人認可される

2004年 第3回沖縄県作業療法学会 開催 (学会長;安里克也)テーマ 『くらしと地域と作業療法』

設立20周年記念及び法人格取得記念事業 開催

機関紙『沖縄県作業療法研究』発刊

2005年 第4回沖縄県作業療法学会 開催 (学会長;矢野俊恵)テーマ『作業療法 その専門性と有効性』

会員300名越す

2006年 第5回沖縄県作業療法学会 開催 (学会長;矢野俊恵)テーマ『作業療法の再考と進化』
2007年 会長 比嘉靖氏 就任第6回沖縄県作業療法学会開催(学会長:矢野俊江)

テーマ『可能性の追求』

2008年 第7回沖縄県作業療法学会 開催 (学会長;金城知子)テーマ『暮らしを彩る』  会場:沖縄リハビリテーション福祉学院
2009年 第8回沖縄県作業療法学会 開催 (学会長;泰真実)テーマ『ともに生きることを求めて』 会場:琉球リハビリテーション学院
2010年 事務局移転 「沖縄リハビリテーション福祉学院」から沖縄県那覇市首里石嶺町4-373-1

沖縄県総合福祉センター 西棟小規模団体室へ事務所を移転

地域包括ケアシステム推進委員会
【 ot_okinawa@yahoo.co.jp 】
TEL:098-988-3711
FAX:098-988-3712

ページの先頭に戻る